β-グルカンとは

51.9%の天然β-グルカンがあなたをサポート
ご購入はこちらから

β-グルカンとは


β-グルカンはグルコース(ブドウ糖)がいくつも結びついた構造をしています。
グルカンは構造の違いによってα‐グルカンとβ‐グルカンに大別されます。
α‐グルカンには代表的なものとして でんぷんやグリコーゲンがあります。

摂取と作用

β‐グルカンは免疫作用を高める効果があるといわれており、病気から体を守る働きが注目されています。
β‐グルカンはキノコ類に多く含まれますが、数あるキノコの中でもサルノコシカケ科の霊芝やハラタケ科のアガリクスなどは、 その健康効果が期待されて古くから生薬として利用されたり、サプリメントの原料として用いられてきました。

β‐グルカンは、しいたけやマイタケをはじめとする一般的なキノコ類にも含まれており、パン酵母や大麦など穀類にも含まれています。
これらの食品から摂取できる他、健康食品やサプリメントからも手軽に補うことができます。
摂取しても分子量が多い食物繊維の仲間なので胃や腸で消化、吸収されません。
なぜ消化、吸収されないのにはβ‐グルカンは免疫系に作用を及ぼすのでしょうか?
それは腸管を通過するときに腸壁の免疫細胞を直接刺激し調整する為である、という説が現在のところ有力です。
体内で免疫機能を司るマクロファージやNK(ナチュラルキラー)細胞、T細胞やB細胞を活性化させたり、腸内環境を改善させたりする効果が期待されています。毎日積極的に補いましょう。

免疫力とは

免疫力は免疫細胞の働きによって成り立っており、免疫細胞には色々な種類があることがわかっています。
その種類ごとに、『外敵を発見する』、『情報を伝える』、『外敵を攻撃する』など、異なった役割があります。
これらが状況によって複雑に組み合わさり、密接に連携しながら働いて、あらゆる病原体と戦っているのです。

免疫力は低下する?

1・良質な睡眠をとる
睡眠不足では免疫力が低下。十分な睡眠が取れていない時に、私たちはよく風邪をひいたり体調を崩したりすることがあります。
人間は眠ることで自律神経のバランスをとっているため、
個人差はありますが、7~9時間程度の良質な睡眠時間を確保したいところです。

2・適度に運動する
適度な運動は免疫力を高める効果バツグン。筋肉を動かすことで熱を発し、血行がよくなります。
また運動によってたまった疲労物質を取り除くためにも、体は筋肉に血液を送りこむので、ますます代謝が向上。毎日無理なく続け られる運動、例えば、ウオーキング、ラジオ体操などがおすすめです。
運動の習慣は免疫力を高め、ストレスを跳ね返す力をつけてくれるでしょう。

3.栄養バランスに気をつける
消化管は副交感神経と密接に連動しているため、人間は食べることでリラックスした状態になります。
お酒は適量ならストレス発散に効果的な百薬の長。しかし飲みすぎはよくありません。
食物繊維や、β-グルカンの豊富なキノコ類、発酵食品、魚、野菜、果物など、バランスのよい食事を摂ることも免疫力アップにつ ながります。

4.入浴で体を温める
忙しい現代人はシャワーだけで済ませることも多いのですが、それでは体の深部は温まりません。
一日の終わりには湯船につかってゆっくりとくつろぎましょう。
物理的に体が温まり低体温が改善されるばかりか、血管が開いてリラックス効果が得られます。
ただ、あまりに熱いお湯は交感神経を刺激して興奮状態になってしまい逆効果。
免疫力向上のためには、38~40℃くらいのぬるめのお湯に20~30分、じっくり入ることがよいとされています。

5.よく笑う
笑いと免疫の関係は多くの機関から研究が報告されています。私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている脳の ある部分に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発化。
神経ペプチドは血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞を活性化。
その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するという仕組みです。毎日たくさん笑いましょう。

 
このページのトップへ